映画「キラサギ」の感想

まず私がどうしてこの映画を見ることになったかというきっかけは、キュレーションサイトの「結末がどんでん返しの傑作まとめ」を見た事です。「どんでん返しの映画」という言葉で調べると「キラサギ」は必ずランクインしているのです。それほど、この映画は多くの人から愛され、見ている人を思わずうならせるものなのです。

ストーリーは、マイナーなグラビアアイドルのミキが自殺して1年後に、ファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まることから始まります。5人は、思い出話で大いに盛り上がるはずだったのですが、1人の「彼女は殺された」という発言から、話は急展開していきます。出演俳優は小栗旬、香川照之、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、ドランクドラゴンの塚地の5人で豪華メンバーで映画を盛り上げています。キャラクター1人1人の個性が強く、演じる俳優の普段のイメージと演じている役の性格が全然違うので、シュールであり、ふふっと笑ってしまう場面が多々あります。やはり、この5人の豪華メンバーの演技が非常に上手であるからこそ、この映画は成り立ち、見入ってしまうのだと感じられます。

映画はほとんどの場面が1つの部屋での話し合いです。なので、1人1人の1つの言動がキーポイントになります。だから、注意して目を光らせて見た方が良いというわけではありません。映画を見る人がストーリーを容易に理解することができるように、ちゃんと1回1回解説を自然につけてくれています。そのため、リラックスして頭を回転させず簡単に見る事ができますが、いつの間にか面白くて姿勢が前のめりになっていること間違いなしです。

また、私は「サスペンス?」と思っていましたが、違うような違わないようなという感じです。笑ってしまう場面が沢山あるんですけれども、ドキドキハラハラ感がかなりあり、自分でも推理するんですけれども、その予想が全て当たる事もなく、驚かされることばかりで、期待をかなり超える映画です。

最後に、私はこの映画を多くの人に見てもらいたいです。私が今まで見てきた映画の中でも、こんなに予想できないストーリーは初めてです。また、ネタバレなのですが、最後は心温まり笑顔で見終えることができます。またもう一度「キラサギ」を見たいと思います。